質屋のイメージの一つに暖簾があります。

たまに時代劇を観ていると

江戸時代の質屋には暖簾が掛かっています。

ウィキペディアで調べると、

『暖簾(のれん)とは、
店先あるいは部屋の境界に日よけや目隠しなどのために
吊り下げる布のことである。
商店の入り口などに営業中を示すため掲げられ、
屋号・商号や家紋などが染め抜かれていることも多い。』

とあります。

質屋の暖簾の役割としては、

営業中であることのお知らせと、

中の様子が外から見えないように目隠しすることだと思います。

現在も暖簾を掛けている質店は意外と多く見られます。

今でも暖簾が質屋を連想させるアイテムになっているんですね。

漫画「七つ屋志のぶの宝石匣」に出てくる質店

「倉田屋」にもまだ暖簾が掛かっていましたね。

ただ、最近の質屋は質店舗に併設して

ブランド品や宝石などを販売する店舗が増えてきたために

暖簾を出さない質屋も増えてきました。

質まる-説明

最近では、質屋のゆるキャラ「しちまる」を

イメージとしたお店も増えています。

ちなみに名古屋市東区の質屋『質のヤマカワ』には

暖簾はありませんが、しちまる君はいます。

併設の販売店舗もあり、

お買い得品・掘出し物もいっぱいあります。

是非一度ご来店ください。

質まる-あいさつ



質預かり・買取なら名古屋の質屋 質のヤマカワにお気軽にお問い合わせ下さい
名古屋市東区の質屋 質のヤマカワに電話する

金買取・ブランド買取なら名古屋市営地下鉄桜通線車道駅より徒歩2分、査定料無料・手数料無料の質屋《質のヤマカワ》におまかせください。

   

〒461-0003
名古屋市東区筒井二丁目4-28
TEL. 052-935-6414
メールアドレス yamakawa78@va.starcat.ne.jp
ホームページ www.yamakawa78.com
名古屋質屋協同組合・愛知県質屋組合連合会・全国質屋組合連合会所属

 

名古屋市東区、中区、千種区、北区、中村区、守山区、昭和区などの名古屋市内はもちろん、春日井市、小牧市、一宮市、北名古屋市、津島市、瀬戸市、豊田市、東海市などの名古屋市近郊の方や三重県、岐阜県などの方にもご来店いただいております。