今回の買取強化商品はロレックス

GMTマスターⅡ 116710 腕時計 です。

昨日の七つ屋ブログ「現行 GMTマスターⅡ 116710 の違い

でもお話しましたが、

ベゼルの色によって型番も定価も違います。

GMTマスター2 黒×黒べゼルの色がブラック単色のモデルの型番は

「116710LN」で 国内定価800,000円(税抜)です。

GMTマスター2 青×黒ベゼルの色が青×黒ツートンモデルの型番は

「116710BLNR」で 国内定価850,000円(税抜)です。

買取上限価格は

「116710LN」が定価の95%の76万円になります。

「116710BLNR」が定価の117%の100万円になります。

掛け率で言えば、

ルイ・ヴィトンの新品物よりも良い掛け率になります。

青×黒モデルは定価以上ですね。

この価格は2018年3月28日現在のものです。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

ここで、どうすれば高く売れるかのコツをお教えします。

ポイント1.綺麗であること

傷が多かったり汚れが多かったりするのはマイナスになります。

小さな小傷は新品仕上げできれいになりますが、

大きな傷やへこみは取れないのでマイナス査定となります。

ガラスに傷があるのもマイナス査定となります。

ポイント2.付属品が揃っていること

やはりブランド時計はそのブランドの保証書が付いていることが

ポイントアップになります。

保証書の有無によって

アフターサービスに違いの出ることもあります。

ロレックスの場合はギャランティカード有無によって

大幅に査定金額が変わる場合があります。

外した時計のコマはとっておいてください。

ロレックスの場合、

時計バンドの1コマを取り寄せた際には

高額な料金が掛かります。

そのため、外したバンドのコマの有無によって

査定金額が変わります。

それ以外にもケースの有無も査定のポイントになりますので

購入時に商品についてきた付属品は取っておいた方がいいです。

ポイント3.純正品であること

ロレックスの場合は、

べゼル等にアフターでダイヤを埋め込んだりすることもあります。

正規店以外で加工等をするとロレックスで

修理等を受け付けてくれない場合があります。

そのため、正規店以外で加工した商品は査定金額が下がります。

修理も販売店ですることをお勧めします。

ポイント4.不要になったら早めに売却

時計は機械ものですから経年劣化はございます。

その為、不要になったら早く

売却をすることが高額査定につながります。

ただ、ロレックスの場合は

モデルチェンジの時期がきっかけで

旧モデルの人気が再沸騰することがあるので

一概には言えません。

以上のポイントを押さえておけば

高額査定になりますので是非実践してみてください。

質のヤマカワでは高額査定でお待ちしております。

ご不用になった物は「買取」を、

まだ使いたいけど急な入用の場合は「質預かり」を

ご利用ください。



質預かり・買取なら名古屋の質屋 質のヤマカワにお気軽にお問い合わせ下さい
名古屋市東区の質屋 質のヤマカワに電話する

金買取・ブランド買取なら名古屋市営地下鉄桜通線車道駅より徒歩2分、査定料無料・手数料無料の質屋《質のヤマカワ》におまかせください。

   

〒461-0003
名古屋市東区筒井二丁目4-28
TEL. 052-935-6414
メールアドレス yamakawa78@va.starcat.ne.jp
ホームページ www.yamakawa78.com
名古屋質屋協同組合・愛知県質屋組合連合会・全国質屋組合連合会所属

 

名古屋市東区、中区、千種区、北区、中村区、守山区、昭和区などの名古屋市内はもちろん、春日井市、小牧市、一宮市、北名古屋市、津島市、瀬戸市、豊田市、東海市などの名古屋市近郊の方や三重県、岐阜県などの方にもご来店いただいております。