しちまる

ALWAYS 三丁目の夕日では、

昭和33年の東京下町が舞台でしたが、

その頃は私もまだ生まれていないので

今回は昭和50年くらいのお話です。

当時の質草としては、

電化製品、着物、腕時計、宝石・貴金属などがありました。

一番多かったのは電化製品で、

次に多いのは着物ですが

着物もこの頃には減ってきている最中だったそうです。

腕時計は、今のようにロレックスやオメガや

ブライトリングやIWCなどの舶来時計が主流ではなく、

セイコーやシチズンなどの国産時計が多い時代でした。

エルメス、シャネル、ルイ・ヴィトンのような

ブランドバッグはあまり流通していませんでした。

なぜかと言うと、

国内にブランドバッグのブティックもなかったですし、

海外旅行へ行く人の数も少なかったので、

なかなかブランドバッグを持っている人もいなかったからです。

その当時の質屋では、一番忙しい時期というのは年末でした。

なぜ年末は忙しいのでしょうか?

お正月は一年のスタートの日でもあり、

日本人にとっての特別な日でもあります。

そんなお正月に着る着物や電化製品を12月中に受け出して、

正月にはすべてそろえて過ごしたいという心理から

質屋の年末は品物を受け出すお客様で賑わっていたようです。

当時の質料システムも現在とは違い、

当時は歴月で計算していました。

歴月はその月の末日が期限になりますから

預けた日が月末でなくてもすべてのお客様の期日は月末になります。

その為、月末は受け出しで忙しく、

中でも年末は特に忙しくなったそうです。

預かり金額も1万円以下の小額が多かったのも忙しさの要因です。

当時はコンビニもなく、正月三が日は開いているお店もなく、

年末に買っておいたお餅を毎日食べていた記憶があります。

そんな時代背景にも年末が忙しかった理由になっています。

名古屋市東区の質屋 質のヤマカワ 店長似顔絵

歴月についての詳しくは

満月計算と歴月計算の違い

を参照



質預かり・買取なら名古屋の質屋 質のヤマカワにお気軽にお問い合わせ下さい
名古屋市東区の質屋 質のヤマカワに電話する

金買取・ブランド買取なら名古屋市営地下鉄桜通線車道駅より徒歩2分、査定料無料・手数料無料の質屋《質のヤマカワ》におまかせください。

   

〒461-0003
名古屋市東区筒井二丁目4-28
TEL. 052-935-6414
メールアドレス yamakawa78@va.starcat.ne.jp
ホームページ www.yamakawa78.com
名古屋質屋協同組合・愛知県質屋組合連合会・全国質屋組合連合会所属

 

名古屋市東区、中区、千種区、北区、中村区、守山区、昭和区などの名古屋市内はもちろん、春日井市、小牧市、一宮市、北名古屋市、津島市、瀬戸市、豊田市、東海市などの名古屋市近郊の方や三重県、岐阜県などの方にもご来店いただいております。