ワイドナショー

先日のテレビ番組「ワイドナショー」で

また高須医院長の金塊のお話をしていました。

日本人って金(ゴールド)が好きなんですね。

でも、日本の金の消費需要は

中国やインドに比べたらかなり少ないんですよね。

中国とインドの金消費需要が突出しています。

金インゴット

2018年金需要レポートによれば、

金消費需要(宝飾品と現物投資)は世界全体で3290.1トン。

1位の中国は、976.7トンで全体の29.7%。

2位のインドは、760.4トンで全体の23.1%。

中国とインドの合計シェアが52.8%と、

2か国で 世界シェアの半分以上を占めているんです。

日本なんかは10位以内にもランクインしていませんから

日本人が金(ゴールド)好きというのもかわいいものですね。

なぜ中国やインドが突出して金の消費需要が多いのでしょうか?

まず第一の理由は人口が多いことです。

どちらの国も13億人越えと日本の約10倍の人口です。

第二の理由は資産として金(ゴールド)を持つ文化だからです。

日本では、資産として最初に浮かぶのは「土地」です。

しかし、中国では一般市民が土地を所有することはありません。

その為、資産として金(ゴールド)を所有することから

消費需要も多いんですね。

ちょっと話がずれましたが、

ワイドなショーで

「金の値段は20年前の4倍」と言っていました。

1999年の金相場が約1,000円前後で推移しています。

現在の金販売価格が約4,500円ですから

4倍以上の4.5倍ですね。

高須先生がいつ頃購入されたかは知りませんが、

資産価値はかなり上がっていたのではないでしょうか?

 



質預かり・買取なら名古屋の質屋 質のヤマカワにお気軽にお問い合わせ下さい
名古屋市東区の質屋 質のヤマカワに電話する

金買取・ブランド買取なら名古屋市営地下鉄桜通線車道駅より徒歩2分、査定料無料・手数料無料の質屋《質のヤマカワ》におまかせください。

   

〒461-0003
名古屋市東区筒井二丁目4-28
TEL. 052-935-6414
メールアドレス yamakawa78@va.starcat.ne.jp
ホームページ www.yamakawa78.com
名古屋質屋協同組合・愛知県質屋組合連合会・全国質屋組合連合会所属

 

名古屋市東区、中区、千種区、北区、中村区、守山区、昭和区などの名古屋市内はもちろん、春日井市、小牧市、一宮市、北名古屋市、津島市、瀬戸市、豊田市、東海市などの名古屋市近郊の方や三重県、岐阜県などの方にもご来店いただいております。