質屋の日

今日から7月がスタートしました。

2019年も後半戦のスタートです。

ところで、7月8日は何の日か知ってますか?

グーグルで調べてみると一番に

「質屋の日」と出てきます。

質屋の日以外には「ナンパの日」も出てきます。

なるほど。

「なな、ぱー」⇒「ナンパ」。

「しち、や」⇒「しちや」。

発想は同じでした。

この「7」「8」の組み合わせは質屋ではあるあるなんです。

ホームページのアドレスの最後にはどこのお店も「78」が付いています。

勿論、質のヤマカワのホームページのアドレスも

「yamakawa78.com」とちゃんと「78」が付いています。

あと、メールアドレスにもほとんどの質屋んさんは「78」が付いています。

プライベートでも「78」を使っている質屋さんは多く、

携帯電話のナンバーにも「78」を付けていますし、

車のナンバーにも「78」を付けています。

そんな「78」好きの質屋さんは

「7月8日は質屋の日」と知っていますが、

一般では全く知られていません。

その為毎年、全国質屋連合会が、

「7月8日は質屋の日」と銘打ってポスターを配ってくれます。

そのポスターの今年のデザインが決まりました。

今年のキャッチコピーは「迷ったら預けよう」です。

サブコピーが「モノを売らなくてもお金になります」です。

最近の若い人は現金化するためには

モノを売るという発想が真っ先に出てきますが、

やっぱりあの売ったモノが欲しいとなると、

また高いお金を出して買わなければいけません。

その点、質屋の「質預かり」を利用すれば、

一時的に「モノ」を現金化するだけで、

現金が出来た時に、

元金と質料を支払うだけで「モノ」がお手元に戻ります。

この質屋のシステムを知っていれば、

売却してしまった後で、

また同じ物を高いお金を出して購入するなんてこともなくなります。

「迷ったら預けよう」はなかなか良いキャッチコピーですね。

因みに、

昨年のキャッチコピーは「この町には質屋がある」でした。

質屋の数が減っていて、

一つの町に一軒の質屋さんがない場合が多いんですよね。

「あなたの町には質屋がある」

というメッセージとも取れるキャッチコピーでした。

ご不用になった物は「買取」を、

まだ使いたいけど急な入用の場合は「質預かり」を

ご利用ください。

七つ屋 質屋 



質預かり・買取なら名古屋の質屋 質のヤマカワにお気軽にお問い合わせ下さい
名古屋市東区の質屋 質のヤマカワに電話する

金買取・ブランド買取なら名古屋市営地下鉄桜通線車道駅より徒歩2分、査定料無料・手数料無料の質屋《質のヤマカワ》におまかせください。

   

〒461-0003
名古屋市東区筒井二丁目4-28
TEL. 052-935-6414
メールアドレス yamakawa78@va.starcat.ne.jp
ホームページ www.yamakawa78.com
名古屋質屋協同組合・愛知県質屋組合連合会・全国質屋組合連合会所属

 

名古屋市東区、中区、千種区、北区、中村区、守山区、昭和区などの名古屋市内はもちろん、春日井市、小牧市、一宮市、北名古屋市、津島市、瀬戸市、豊田市、東海市などの名古屋市近郊の方や三重県、岐阜県などの方にもご来店いただいております。