フェラガモ ガンチーニ

名古屋市東区の質屋《質のヤマカワ》で

フェラガモ 「Salvatore Ferragamo」ガンチーニ ハンドバッグ

の買取をさせて頂きました。

サルヴァトーレ・フェラガモは、

1927年にデザイナー兼靴職人の

サルヴァトーレ・フェラガモが

イタリア フィレンツェに

第一号店をオープンしたのが始まりです。

手作りの靴が評判で

世界中のセレブに愛用されました。

その後、世界恐慌の時代と重なって

一度倒産に追い込まれたこともありましたが、

その後は、

製品の質を落とすことなく機械生産にシフトし、

フェラガモは成長していきました。

1958年に最初のレディースコレクションを発表し、

靴だけでなくファッションブランドとして

バッグなども手掛けるブランドになりました。

今回の買取品のガンチーニはフェラガモを代表するラインです。

1969年に登場し、現在もフェラガモの看板ラインになっています。

ガンチーニとは「小さなフック」という意味で、

ハンドバッグの留め金具として使用されることが多いです。

ガンチーニを見ればフェラガモのバッグだと

分かる人も多いかと思います。

未使用品に近いほど高額査定になりますが、

中古品でも高価買取させて頂きます。

フェラガモ バッグを高く売るコツ

ポイント1.綺麗であることが高額査定

やはりブランドバッグはキレであればあるほど高額査定となります。

 

ポイント2.付属品が揃っていること

ブティックカードがあるとプラス査定になります。

フェラガモの場合は、紙製で購入店の印が押してあります。

これ以外にも保存用の布袋や付属品は

一緒にお持ち頂くとプラス査定になります。

購入店のレシートでも大丈夫です。

 

ポイント3.改造しないこと

バッグが壊れた場合、

ブティック以外のかばん屋さんで修理してしまうと

純正品ではない為大幅なマイナス査定となります。

お気を付け下さい。

 

以上のポイントを押さえておけば

高額査定になりますので是非実践してみてください。

ご不用になった物は「買取」を、

まだ使いたいけど急な入用の場合は「質預かり」を

ご利用ください。