ティファニー シルバー キーリング

名古屋市東区の質屋《質のヤマカワ》で

「ティファニー TIFANY&Co. シルバー キーリング リターントゥ」

の買取をさせて頂きました。

ティファニーと言えば、オードリー・ヘプバーン主演の映画「ティファニーで朝食を」

でも有名なようにアメリカの高級ブランドのひとつです。

そんな高級ブランドのティファニーですが、

若者にも手が届く価格帯としてシルバーアクセサリーのラインナップも充実しています。

ティファニー シルバー オープンハート

1980年代後半のいわゆるバブル時代に

ティファニーのオープンハートが爆発的に売れていたと記憶しています。

1970年代では、クリスマスと言えば

家族でクリスマスケーキを買ってお祝いするというのが定番でしたが、

1980年台後半になると、クリスマスが恋人たちの祭典に変わってきました。

そんな時代背景と、好景気のバブル期も重なって

クリスマスに恋人へプレゼントを渡すことが定番に変わってきました。

その時期と高級ブランド「ティファニー」のお手頃価格帯である

シルバーのオープンハートが時代にマッチして爆発的に売れました。

今回はシルバー キーリング が買取商品でした。

未使用品に近いほど高額査定になりますが、中古品でも買取は可能です。

ここで、どうすればティファニー TIFFANY シルバー製品を

高く売れるかのコツをお教えします。

ティファニー TIFFANY シルバー製品 を高く売るコツ

ポイント1.やはり商品が綺麗であることが高額査定

傷が多かったり汚れが多かったりするのはマイナスになります。

シルバー製品は経年で黒ずんでしまうことがあります。

簡単な水洗いするだけでもある程度綺麗になるので一度洗ってみるのをお勧めします。

 

ポイント2.付属品が揃っていること

やはりブランドジュエリーはそのブランドの保証書が付いていることが

ポイントアップになります。

ティファニーの場合は紙で出来たブティックカードがそれになります。

それ以外にもケースや紙袋など購入時に商品についてきた付属品は

取っておいた方がいいです。

 

ポイント3.純正品であること

ネックレスの場合、引っかけて切れてしまったりした時に

ティファニー以外で修理をしてしまうと純正品の部品を使わない為に正規品として認められず、

次回ブティックで修理しようとしてもしてくれない場合があります。

その為、純正品以外の部品を使って修理したり長さを変更したりすることは

マイナス査定になります。

修理もブティックですることをお勧めします。

 

ポイント4.不要になったら早めに売却

シルバー製品の場合、金製品より早く変色したり黒ずんで来たりします。

その為、不要になったら早く売却をすることが高額査定につながります。

 

以上のポイントを押さえておけば高額査定になりますので是非実践してみてください。

ご不用になった物は「買取」を、

まだ使いたいけど急な入用の場合は「質預かり」を

ご利用ください。