ロレックス エクスプローラⅠ 214270 腕時計 新型【名古屋の質屋 ブランド買取強化商品】

名古屋市東区の質屋《質のヤマカワ》の

ブランド買取強化商品として今回ご紹介するのは

ロレックスエクスプローラⅠ 214270 腕時計 です。

214270は、114270の進化版と言った感じです。

ロレックス フェイス径 新旧114270は36mmケース

214270は39mmケース

わずか3mmですがかなり大きくなりました。

ロレックス バックル 旧型ロレックス バックル 新型

あと、大きく変わった部分は

バックルが新型のオイスターブレスに変わりました。

「114270」時代も人気商品でしたが、

2010年にデビューした「214270」も人気の高いモデルです。

先日の七つ屋ブログ

エクスプローラⅠのマイナーチェンジ」でもお話しましたが、

2016年にマイナーチェンジしました。

やはりマイチェン前と後では

買取価格にも違いがあります。

定価 620,000円(税抜)ですが、

マイチェン後の買取上限価格は

定価の93%の58万円になります。

掛け率で言えば、

ルイ・ヴィトンの新品物よりも良い掛け率になります。

ここで、どうすれば高く売れるかのコツをお教えします。

 

ロレックス エクスプローラⅠ 214270 腕時計 を高く売るコツ

ポイント1.綺麗であること

傷が多かったり汚れが多かったりするのはマイナスになります。

小さな小傷は新品仕上げできれいになりますが、

大きな傷やへこみは取れないのでマイナス査定となります。

ガラスに傷があるのもマイナス査定となります。

ポイント2.付属品が揃っていること

やはりブランド時計はそのブランドの保証書が付いていることが

ポイントアップになります。

保証書の有無によって

アフターサービスに違いの出ることもあります。

ロレックスの場合はギャランティカード有無によって

大幅に査定金額が変わる場合があります。

外した時計のコマはとっておいてください。

ロレックスの場合、

時計バンドの1コマを取り寄せた際には

高額な料金が掛かります。

そのため、外したバンドのコマの有無によって

査定金額が変わります。

それ以外にもケースの有無も査定のポイントになりますので

購入時に商品についてきた付属品は取っておいた方がいいです。

ポイント3.純正品であること

ロレックスの場合は、

べゼル等にアフターでダイヤを埋め込んだりすることもあります。

正規店以外で加工等をするとロレックスで

修理等を受け付けてくれない場合があります。

そのため、正規店以外で加工した商品は査定金額が下がります。

修理も販売店ですることをお勧めします。

ポイント4.不要になったら早めに売却

時計は機械ものですから経年劣化はございます。

その為、不要になったら早く

売却をすることが高額査定につながります。

ただ、ロレックスの場合は

モデルチェンジの時期がきっかけで

旧モデルの人気が再沸騰することがあるので

一概には言えません。

以上のポイントを押さえておけば

高額査定になりますので是非実践してみてください。

質のヤマカワでは高額査定でお待ちしております。

ご不用になった物は「買取」を、

まだ使いたいけど急な入用の場合は「質預かり」を

ご利用ください。